最近の記事

介護現場を次のステージへ導く、介護記録AIアプリ「ハナスト」とは?

音声による記録の自動化に対する期待 介護現場では、依然として新型コロナウィルス拡大等感染症への対策に気が抜けない状況が続いています。オンライン面会対応や、マスクや手袋など感染対策によるこれまで以上の現場負荷増もあり、より一層の業務負荷軽減が求められています。 テクノロジーを活用した生産性向上・業務効率化の代表的なものとして介護記録があります。 介護スタッフは、ご利用者に対していつ、どのようなケアを行ったか、その時の状態など、ケアの実施記録を残すように指導され、対応していま

    • 【永久保存版】ニッチなレク&アクティビティ+役立つまとめ情報

      こんにちは!CareWiz編集部です。 介護施設やデイサービスでのレクリエーション、楽しんでいただけてますか? マンネリやネタ切れで悩むときもありますね。 そこで今回はレクリエーションに役立つまとめ情報をお伝えします。 そもそもレクリエーションの目的は? 高齢者のためのレクリエーションは、健康で活動的な生活を送るために役立つ様々なアクティビティを提供することを指します。アクティビティは、体力向上、精神面の健康、社会参加、そして個人的な楽しみを得ることを目的としています。施

      • 施設管理者に知ってほしい!評判の良いデイサービスが実践していること

        数あるデイサービスのなかで、お客さんに選ばれるためには何が必要なのでしょうか? 本記事では、評判の良いデイサービスの特徴をまとめ、実際に実践している取り組みについて、詳しくお話ししたいと思います! 評判のいいデイサービスの特徴 評判のいいデイサービスに共通する特徴は、主にこの二つが挙げられます。 ・利用者の満足度が高いこと 利用者の満足度を向上させるために、あらゆる事業所でレクリエーションや機能訓練に力を入れていると思います。では、評判のいいデイサービスとそうでないデイサ

        • コロナという試練によりもたらされた介護現場でのAI利活用ポイントとは?

          新型コロナウィルスがもたらした介護業界の大きな変化 新型コロナウイルス拡大により、私たちの生活様式は大きく変化しました。これまで意識していなかった人と人との距離までも広げてしまいました。そんな中で、オンラインによるテレビ会議システム等の急速な普及・拡大により、これまでと変わらない人と人との距離を保つための方法を試行錯誤し始めています。   介護現場においても、同様に大きな変化を迎え、オンライン化が進行しています。具体的には、 ご利用者と家族との面会 介護スタッフ向けの研

          福祉用具事業者の営業戦略はアイデアで決まる?

          なぜ広報に工夫が必要なのか?商品・貸与価格やサービス内容の差別化を図ることが難しいとされる福祉用具事業者。 その理由は、2018年10月に全国平均貸与価格の公表や貸与価格に上限が設定されるなど、 提供する商品や価格の同質化が進み、差別化が難しくなっているからです。 そのため、福祉用具貸与事業所において、新規のご利用者を獲得するためにはケアマネジャーとの信頼構築が不可欠です。 では、どのようにしてケアマネジャーに自社を選んでいただくのでしょうか? 株式会社エス・エム・エスによ

          神戸市との実証事業の結果から考えるAIと専門家の連携の効果とは

          介護現場でも活用が進み始めているAI。特に身体機能の評価については、人では可視化しづらいところを可視化してくれるツールとしてAIの導入が広がっています。 しかしながら以前のAIの基礎の記事でもお伝えしたように、AIは評価・予測はできるものの、説明が苦手なため実際の介護現場では使いづらいという風潮もあります。 そこで今回はCareWiz トルト(旧称:ケアコチ)が神戸市と行った実証実験を題材に、AIと専門家の連携について皆さんと一緒に考えていきたいと思います。 AIの基礎

          介護業界でも最近話題のAI。いまさら聞けないAIってなんだ?

          はじめに近年、介護業界でも「AIの利活用」という言葉を聞くようになりました。正直まだAIを実感したことがないという方も多いのではないでしょうか。 今回はそんな「AI」という言葉について、みなさんと一緒に整理していければと思います。 AIとは?AIとはArtificial Intelligenceの略で日本語では、「人工知能」と呼ばれてます。 ちなみに総務省では、 と定義しているようです。 少し難しく書いてしまいましたが、少し無理やり簡単にしてしまうと 「お、この機械まる

          そのミーティング、本当に必要ですか?

          業務の中で欠かせない、ミーティング業務。 朝礼、夕礼、ケース会議、研修など様々なミーティングが毎日の業務となり、当たり前と捉えていると思います。 しかし、そのミーティングは本当に必要なのでしょうか?例えば、情報共有として夕礼が重要なのは重々承知ですが、議論が白熱し過ぎて残業になっているなんていうケースも多くあると思います。今回はそんなミーティングについてのヒントをお伝えします。 なぜミーティングをするのか?利用者様の情報共有のため するべき行動の準備のため 何かしらの意

          ケアマネ×福祉用具 コミュニケーションはどう考えても大事!

          こんにちは。CareWiz編集部です。 今回は、貸与事業所の皆様がケアマネから好かれるためのコミュニケーションのポイントを3つご紹介します。 どの業界でも言えることですが、商品をどうやって安定して売り続けるかは課題です。とくに福祉用具は全国平均貸与価格が公表され、貸与価格に上限も設定されているため、差別化のハードルがとんでもなく上がっています。  そうなると、営業担当者のコミュニケーション力や提案の質を上げてケアマネから信頼されることが新規利用者を増やす鍵になります。 

          ヒヤリハットを活用!介護における事故予防に必要なリスクマネジメントとサービスをご紹介

          こんにちは。CareWiz編集部です。 今回は、介護現場で多い事故とそのリスクマネジメントのポイントについてお話ししたいと思います。 介護現場に勤める方なら誰しもが、事故予防の重要性を感じていますよね。 もし事故を起こしてしまったら、その利用者さんに恐怖心を与えるだけでなく、自分自身も介護する際に無意識に恐怖心を抱いたりと今後の介護の仕事において大きな影響を及ぼす可能性があります。 本記事ではそうした事故を防ぐために、どのようなリスクマネジメントを取ればよいのか、また介護予

          私たちCareWizの介護業界や事業への ”想い”

          こんにちは!CareWiz編集部です。 前回の自己紹介記事はご覧いただけましたでしょうか? まだ読んでないよ!という方は、ぜひコチラの記事も合わせてご覧ください。 さて、今回は私たちがお話したいことは、自分たちが取り組む事業や介護業界に対する「想い」についてです。 数字で見る日本の高齢化 今から13年前、2010年(平成22年)に日本は高齢化率23.0%となり、世界で初めて「超高齢社会(※人口に占める65歳以上高齢者の割合が21%を超えた社会)」に突入しました。 最新

          AI×介護で挑む、社会課題解決集団『CareWiz』

          はじめまして!CareWiz編集部です。 今回は、記念すべきnote第1回目の投稿ということで、私たちの自己紹介をさせていただきます。 私たちCareWizは、『AIを用いた社会課題解決を通じて幸せな社会を実現する』ことをミッションとして取り組む、株式会社エクサウィザーズの事業部のひとつです。 超高齢化社会の課題解決を使命としており、現在は介護事業所向けのAIプロダクトを開発・提供しています。 「AIの会社か~、介護業界のこと知ってるの?」と思われた方もいらっしゃるのでは